①今日(6月21日)は24節気の夏至に当たります。 今日は日差しも柔らかく過ごしやすい一日でした。「子どもたちはどんな遊びをしているかな?」 職員室の窓から園庭を見ていると,シャボン玉が飛んできました。 さっそくカメラを持って園庭に行ってみると,年少もも組の子どもたちが楽しそうにシャボン玉を飛ばしていました。

 

②シャボン玉に見とれていると,「園長先生!」 後ろの方から私を呼ぶ声が聞こえました。 振り返るとお気に入りのアンパンマンの滑り台の上で,ご満悦の表情を浮かべる年少みかん組の子でした。

 

 

③目をジャングルグローブに転じると,年中あさがお組の子どもたちが先生に回してもらって楽しく遊んでいました。ジャングルグローブは特に年中児に人気のある遊具です。

 

 

④年中児になって体操教室で鉄棒の仕方を学ぶと,みんな鉄棒遊びに夢中で取り組むようになります。それを見ていて刺激を受けた年少いちご組の子どもたちも鉄棒に挑戦! まだ逆上がりはできなくても,鉄棒にぶら下がり腕の力が付いてくると・・・きっとそのうち年中さんや年長さんのように上手にできるようになりますよ。

 

⑤鉄棒の横にある雲梯でも年少組のこどもたちが思い思いに遊んでいました。 いろいろな遊具に挑戦していると,少しずつできるようになってくると思います。 毎日挑戦してね。

 

 

⑥青いニューム管では先生に補助してもらって年少いりご組の子どもたちが上手に滑り降りることができました。 とても嬉しそうな表情から,満足感が伝わってきました。

 

 

⑦スウィングバイキングは年少児に人気の遊具です。いつも友だち同士で押したり,先生に押してもらったりして遊んでいます。今日も先生と一緒に楽しく遊ぶ姿が見られました。

 

 

⑧砂場ではいつも子どもたちが楽しそうに遊んでいます。夏の砂場の遊びといえば,「どろんこ遊び」です。砂場のこちら側では,年少ばなな組の子どもたちが,制服を汚さぬように私服に着替え,先生と一緒に思う存分どろんこ遊びに興じていました。

 

 

⑨砂場の反対側では,定番の砂山づくりです。先生と一緒に砂をうずたかく積み上げ満足そうでした。

 

 

⑩園庭に目を転じると,年長ぱんだ組の子どもたちが先生と一緒にボール遊びをしていました。 年少・年中時代の遊びを経て,クラスのみんなでルールを考え,楽しくボール遊びができるようになっていくのですね。

カメラを片手に30分にも満たない短い時間でしたが,夏至の日の子どもたちの楽しく遊ぶ様子を撮影することができました。