①2月7日(水),年中組の120人は,松森小学校に行って「エコキャップ運動」で連携している3年生と交流を楽しんできました。 年中児の到着を待っていた3年生は大歓迎!! わかくさ幼稚園では,松森小学校の3年生を通じてお世話をしてくださっている公益社団法人「仙台中法人会」に「エコキャップ」を届け,中法人会がリサイクル工場に売却したキャップの,売却益で購入したポリオワクチンを発展途上国に寄付しています。

②交流会の会場の体育館では,早速3年生が園児が履いてきた靴の整理のお手伝いをしてくれました。

 

 

③交流会では,松森小学校の教頭先生から「わかくさ幼稚園の年中組のみなさん,ようこそ松森小学校へ。 いつもエコキャップをたくさん届けてくれてどうもありがとう。 今日は3年生のお兄さん,お姉さんと楽しんでいってくださいね。」と,歓迎の言葉をいただきました。

 

④みんなが早く仲良しになるために,一緒にゲーム「じゃんけん列車」をしました。 優勝者は「好きな遊びは何ですか?」というインタビューを受け,はきはきと答えていました。

 

 

⑤次はグループに分かれてグループ活動です。 このグループの3年生はエコキャップの行方をわかりやすく紙芝居にまとめて教えてくれました。 園児たちは一言も聞き漏らすまいと,集中して聞いていました。 聞き方が立派なので,小学校の先生も驚いていました。 ステージの上には届けたエコキャップが並んでいます。

 

⑥「エコキャップの行方」の紙芝居の後は「エコキャップクイズ」です。 「わかった!」とみんな手を挙げて答えていました。

 

 

⑦このグループはキャップで作った「こま回し」です。 こまの回し方をていねいに教えてもらいましたが,うまく回すのはなかなか難しかったです。

 

 

⑧グループ活動の後は歌の交換です。 園児たちの「ともだち賛歌」の歌に応えて3年生の皆さんがすてきな歌声を聴かせてくれました。 みんなうっとりと聴いていました。

 

 

⑨楽しかった交流会も終わりの時間を迎えました。 3年生の皆さんが園児と手をつないで体育館の出口まで連れて行ってくれました。 優しく親切な3年生の皆さんですね。

 

 

⑩いよいよお別れの時間です。 名残は尽きません。「楽しかったよ。また来てね。待っているよ。」 お互いに手を振り合って別れを惜しみました。 年中児にとって心に残る松森小学校の3年生の皆さんとの交流会でした。