①5月25日(金),天気予報では今シーズン最高気温の29°とのことでした。日差しは強いものの湿度が低く,風もあったので比較的過ごしやすい一日でした。

夏日の日差しの中,年少みかん組の子どもたちはフラワーポットを前にシャボン玉飛ばしを始めました。左から2番目と3番目のこの間,フラワーポットのピンクの花の上にシャボン玉が写っているのですが,分かりますか?

②一方,こちらは年中あさがお組の子どもたち。大きなシャボン玉を飛ばすことに成功し,大喜び!

 

 

③先生も子どもたちに負けてはいられません。こんなに大きなシャボン玉を飛ばすことができました。さすがは先生ですね!!

 

 

④園庭の真ん中では年長ぱんだ組の子どもたちがドッジボールをしていました。みんなボールに当たらないようにうまく逃げていましたが,残念!当てられてしまいました。これはボールが当たる0.1秒前の決定的瞬間の写真です。

 

 

⑤「園長先生,なわとびするから見ていてね。」強い日差しを避けて,木陰では年長りす組の子がなわとびをしていました。さすがは年長さん,上手にとぶことができました。

 

 

⑥砂場ではいつものように女の子が集まって,何やらお料理を作っていました。傍で見ていると一番手前の子が黄色い茶碗を持ってきて「園長先生食べてね。」と,意外な料理をごちそうしてくれました。その異色の料理名は・・・「お茶漬け」でした。

 

⑦青いヒューム管の上では,年長りす組の子どもたちが集まって,遠目にも何だかとても楽しそうですね。

 

 

⑧「わたしたちね,みんななかよしなんだよ。」と言いながら楽しそうにみんなでブランコで遊んでいたのは,年少みかん組の子どもたちです。何だかとてもほのぼのとした気分になりました。

 

 

⑨わかくさ山の入り口の日陰の三角コーナーは,今日のように日差しが強く暑い日の,子どもたちの隠れた人気スポットです。今日も狭いスペースで子どもたちが楽しくおままごとをして遊んでいました。

 

 

⑩「園長先生,ちょっと来て。」わかくさ山の入り口から私を呼ぶ声が聞こえました。何だろうと思い行ってみました。「園長先生,見て,見て!虫をつかまえたよ。」中をのぞいてみると,ダンゴムシが1ぴきとアリが1ぴき入っていました。写真には黒い2つの点で写っています。