5月13日(土),恒例の「わかくさファミリー囲碁ゲーム」が開催されました。平成15年から始められたわかくさ幼稚園の特色ある教育活動の「囲碁教室」は今年で15年目を迎えました。日頃子どもたちを指導してくださる先生方もいらっしゃいました。左から文沢先生,勝又先生,繁沢先生,晴山先生,小山先生,佐々木先生,門岡先生の7人の先生方です。

 

②毎年5月の土曜日に行われている「ファミリー囲碁ゲーム」。まず文沢先生からく囲碁のルールを教え教えていただいた後,まず男児からクラス対抗の対局開始!

 

 

 

③男児と女児が交代で対局します。よく考えて石を置いていますね。

 

 

 

④フロアで対局の行方を見つめる保護者の方々も熱心に観戦してくださっています。

 

 

 

⑤園児のクラス対抗の対局終了後は保護者と年長担任との対局です。今年はパパの他に,小学校に入学後も囲碁を続けているお兄ちゃんたちも参加してくれました。

 

 

 

⑥保護者 VS 年長担任の対局は,一進一退の熱戦が繰り広げられた末に,保護者チームの勝利に終わりました。

 

 

 

⑦最後に囲碁を指導してくださっている先生方に花束をお贈りしました。

ファミリー囲碁ゲームがきっかけになり,ご家庭でも親子で囲碁に親しんでいただけるよう願っています。