①毎日楽しく幼稚園生活を送っている子どもたち,今日は年中組の保育室の様子をご紹介します。

こあら組では朝の集まりを開いていました。廊下からこっそり写真を撮ろうと思ってカメラを構えたら・・・見つかってしまいました。

 

②りす組では朝の集まりで「脳トレ」をしていました。毎月の脳トレのプログラムをプリントしてご家庭にお届けしていますが,今日は「どっちゲーム」です。「自動車はパー,オートバイはグー。タイヤの数が多いのはどっち?」 自動車かオートバイかを言葉で答えるのではなく,一度自動車はパー,オートバイはグーに変換してからパーかグーかを手で答えます。言葉をグー・パーに変換することが脳を活性化させる,というゲームです。

③「コチコチ カッチン お時計さん コチコチ カッチン 動いてる・・・」 ぞう組から歌声が聞こえてきました。朝の集まりで「時計の歌」を歌っているところでした。15日の保育参観で,時の記念日にちなんで「時計の絵」の制作をする予定なので,子どもたちの意欲を高めるために,ということでした。

 

④「Big apple or small apple?」 ぱんだ組では英語教室の真っ最中です。Fiona先生が絵カードでみんなに質問します。子どもたちは「Big apple!」と楽しそうに答えていました。

 

 

⑤お隣のきりん組から,何だか楽しい音楽が聞こえてきました。行ってみると,みんなで黄色いウチワを持って楽しそうに踊っていました。「もったいないこと したないかい? お皿の上の食べ残し 茶碗についた ご飯粒 もったいない もったいない・・・」 「もったいない ばあさん音頭」という踊りで,七夕まつりの時にみんなで踊る踊りを練習していたのでした。みんな楽しくノリノリで踊っていました。

⑥トイレ休憩の時に,誰に言われるのではなく,自分から進んでトイレのスリッパを揃えてくれている子がいました。みんな口々に「いつも揃えているよ」と報告してくれました。この子だけでなくいつもみんなで気を付けて揃えてくれているということです。他人のことを考える利他的行動は思いやり行動の第一歩です。思いやりのある子がいっぱいのわかくさ幼稚園,すてきですね!