うれしいお話 | 俳句

  • HOME »
  • うれしいお話 | 俳句

米山理事長は俳句が趣味で、これまでも何度かわかくさだよりでもご紹介して参りました。
この度、句会「百樹蕾(ひゃくじゅらい)」に投句した句が、同句会で中心的に活動しておられる野口順子氏の鑑賞文とともに掲載されました。大変うれしいお話です。
皆様にも是非ご一読いただききたく、ご紹介いたします。

園長 米澤孝雄


       百樹蕾歳時記

「はい」と言ふ良い子の返事春こだま                米山  進

一読、たくさんのお子さん達の輝くばかりに愛らしい笑顔が甦りました。作者
が理事長を務めていらっしゃる仙台市の「わかくさ幼稚園」の園児の皆さんです。
数年前、東北旅行の足を伸ばして突然に訪問させていただきましたが、誠に快く
温かなお迎えをいただきました。
 広 々とした園庭に立派なお教室、アスレチックを備えた小山まで、理事長自ら
丁寧にご案内いただいて理想的な環境と拝見しましたが、何より素晴らしかった
のは全ての園児の皆さんのご挨拶の見事さでした。のびやかで明るく活き活きと
したお子さん達に、わかくさ幼稚園の豊かな教育が隅 々まで行き渡っていること
が実感され、こんなに立派な子供さん達がたくさん育っていることを本当に嬉し
く頼もしく感じたものです。
 この園は作者のお父上が設立し、長年に渡って地域の幼児教育に寄与する園と
して、沢山のお子さん達を育ててこられたとのこと。園長先生、職員の先生方、
スタッフのおひとりおひとりが心を尽して園児に接していらっしゃることも印象
的で、ここにも理事長のお人柄と理念が浸透していることが実感されました。
 伺う途中で道を尋ねた中学生が、「僕も卒園生なので。」と一緒に園まで
案内してくれ、お洒落な時計台のあるモダンな園に着いた時に思わず「素敵な
幼稚園」と呟くと、誇らし気に「はい」と返事が返ってきたことも懐かしい思い
出です。
 この句は日 々元気な可愛い子供たちと接している作者の実感でしょう。
「春こだま」の季語が未来ある園児たちの大きな可能性を象徴して、明るく温か
く胸ふくらむ作品で、愛唱句となりそうです。

野口 順子       

お問い合わせはこちらまで TEL 022-234-5587 宮城県仙台市青葉区北根黒松16-1

PAGETOP
Copyright c 学校法人若草学園わかくさ幼稚園 All Rights Reserved.