ブログの掲載が七夕まつりと前後致しましたが、7月8日(木)年長組の幼年消防クラブ結団式が行われました。

 わかくさ幼稚園では毎年、子どもたちが幼年消防クラブの一員となり、消防署の方から火遊びの危険性を学んだり、消火活動の見学をしたりすることを通して、防火に対する意識を高めています。今回は年長組の子どもたちが園を代表して行事に参加しました。

この日も小松島消防署より所長さんをはじめ、消防士の方々が来てくださり、放水の様子や、消防車を間近で見学させていただきました。

 また、クラス毎に防火に関するビデオの鑑賞も行いました。

真面目な表情で鑑賞していたみんな、改めて火の怖さを知り、火遊びはしないよ!気を付ける!という気持ちを強くしていました。

 夏はご家庭でも花火やキャンプでのたき火など、子どもたちと火を使う活動をすることがあるかもしれませんね。年長組さんに限らず、お子さんを火の扱いについてぜひ話し合ってみてください。